ファンタシースターII 還らざる時の終わりに

―――ファンタシースターⅡ 還らざる時の終わりに

※この記事にはネタバレあります。いないとは思いますがプレイ中の方、
もしくはプレイを予定している方はご注意ください。


Ps2

1989年にメガドライブ初期の目玉タイトルとして発売されたRPG。
前回紹介した1作目から千年後の世界が舞台です。

通称PS2。

(今では「PS2=プレステ2」の呼称が一般的ですが)

ちなみに数年前にPS2(プレステ2)PS2(ファンタシースター2)
「セガエイジス2500シリーズ ファンタシースター generation:2」
という名称でリメイクされております。
こちらのPS2版PS2、評判はあまりよろしくないようです。(主に絵が)


―――おおまかなあらすじ

舞台は前作のアルゴル太陽系、3惑星のうち砂漠が大半を占めていた「モタビア」。
砂漠の惑星「モタビア」は巨大コンピューター「マザーブレイン」の管理下による
バイオテクノロジーで、人々は豊かに暮らしていた。
ところが「マザーブレイン」に謎の異常が生じ、人々を襲うバイオモンスターが
異常発生
する。
政府のエージェントである主人公、ユーシスは異常の原因を調査することになる。

こちらの公式サイトがわかりやすいですね。
ファンタシースターII 還らざる時の終わりに | Wii(R) バーチャルコンソール

前作に引き続き、滑らかに動く戦闘のアクション。
戦闘の背景はなくなったものの、敵だけでなく味方にも攻撃アクションがあります。

ドラクエはⅢの時代ですから、いかにセガが時代を先取りしすぎていたか。
そしてなぜか毎度コケるってね。

機械文明とかの現代チックなファンタジーの先駆けでもありますね。

中盤以降、結構重たいストーリーで悲劇、衝撃のラスト、黒幕が特徴的です。


その代表キャラとしてバイオモンスターと人間の細胞を掛け合わせて作られた
ヒロイン、ネイ。
長耳、レオタード風衣装、そして年齢なんと1歳7ヶ月。
(後のシリーズで「ニューマン」という種族名に定着)



以前、人間に殺されそうになっていたところをユーシスに助けられ、ユーシスとともに
暮らすようになり、ユーシスが調査に出るときも反対を押し切り付いていく。



そんなネイの辿る結末は当時、あまりにもショッキングでした。






諸悪の根源は滅亡した地球人の生き残りだったという衝撃のラスト。
かつて滅び行く地球を抜け出して、宇宙船で宇宙を漂流しアルゴル太陽系の
惑星にたどり着いた地球人。
平和に力強く生きるアルゴルの人々を羨み、妬み、腹いせにアルゴルを乗っ取ろうと
人々の生活を贅沢を味あわせ怠惰させる目的で「マザーブレイン」を作ったという。

ガキんちょだった当時はあまり考えなかったけど、今になってもの凄い結末だなと。
普通、RPGのエンディングってラスボス倒して平和になって、その後・・・
って感じが主流だったんですけど、これはラスボス戦の後、数百人の地球人に
戦いを挑む、「還らざる時の終わりに、彼らはいったい何を見るのだろうか」
で、主人公たちの消息は不明のまま終わりますからね。

PS2版PS2は絵がアレですけど機会があればプレイしたいんですよね。
なんでも2週目以降にネイ生存ルートがあるとか気になるし。

追記:メガドラゲームの面白い紹介サイト見つけた。
こちら

シナリオも難易度もハード。後半のダンジョンが鬼だった・・・


ではでは。

| | コメント (1771) | トラックバック (0)

別府競輪の男達

CMのシリーズもの。
結構シュールな競輪選手たち、じわじわ来ます。

最終回がヒドス・・・

| | コメント (1466) | トラックバック (0)

REMINISCE

三拍子ぃなオルゴールをイメージした曲ですね。
オルゴール系の音色にちょっぴりベル系の音を重ねてキラキラ度アップしてます。

先日紹介したイメージソングではアップな歌モノということもあって、1コーラスを通して
色々な音が使われてるんですけど、この曲は1音色(厳密には重ねの2音色)のみの
構成なんですよね。

実はこういう、いわゆるソロミュージックの方が作るのが難しい面があったりします。
オケものと違って構成音が少ない分、音符ひとつで聴こえ方が変わってしまうので
誤魔化しがきかないみたいな感じですね。

Score

物語のヒロインの1人をイメージした曲で、一番最初に出来たメロディだったりします。


MUSIC TRACK

| | コメント (1005) | トラックバック (0)

【コミック】 3×3 EYES サザンアイズ 【大人買い】

前の記事で書いた「手始めに全巻買いした2タイトル」のうちのひとつです。

3x3eyes

どーん。

「3×3 EYES」全40巻(+同タイトルのノベルと設定資料集みたいなの)
3,990円+送料900円でGET。

1990年前後から2000年あたりまで連載され、OVA、ゲームなどさまざまな
メディアに展開された超大作ですね。

「三只眼吽迦羅(さんじやんうんから)」という三つ目の妖怪ヒロイン、パイと出会い
色々なんだか巻き込まれる感じで死にかけ、パイに命を助けられるカタチで
不死身の妖怪「无(ウー)」となった主人公、藤井八雲。
パイとともに人間になるために頑張るお話。

パールバティやシヴァなど、いろいろインド神話がモチーフとなっております。



ではでは。

| | コメント (1299) | トラックバック (0)

【オリジナル曲】

Twitterでも紹介しました、オリジナル曲です。
女声Vo.を想定したオリジナルゲームのイメージソング。
なんとなくTVアニメをイメージして1:30位のワンコーラスにしてあります。




メロディなし版はこちら。



MUSIC TRACK

| | コメント (1003) | トラックバック (0)

«【コミック】 風使い 【大人買い】