« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

2009年5月

電話番号に隠された危険なメッセージ

夜8時から朝の5時まで仕事で、その日の午後2時からまた仕事だったんだ。
このつなぎ、寝る時間やばくね?と思って確実にしっかり眠るために
いつもより多めにお酒を飲んで朝9時くらいに寝たんだ。

―――でもそれがいけなかったんだ。
日記でした。

―――半額割引。

01_3

スーパー閉店間際の割引品は桐間の強い味方です。


―――ウチのたまねぎ紹介します。

02_3

素敵でしょう、クレイジーでしょう。

すくすくと育っていました。
ファンキーに育ったじゃがいもなんてのもあったんですが撮影するのを忘れたまま
おいしくカレーになりました。たしか。
野菜って育てる気が無くても自力で育ってくからスゴイですよね☆


―――職場で見つけた落し物。


03_2

美容外科か何かの診察券でしょうか。


―――それを注意深く見てみて驚いた。


04_2



―――!?




05




サンプコイきました。


電話番号に当てられた謎のメッセージ「サンプコイ」



念のためググってみた。

06_2

「サンプコイ」、桐間がたまたま知らない単語、ということではなさそうです。
企業などの電話番号に言葉を当てるのはよくある手法だ。

例:022022→「オー人事、オー人事」、828828→「やずや、やずや」

この一見、意味不明なこの「サンプコイ」というワードにはもしや何か
重大な意味が込められているのでは。


「サンプコイ」




「サンプ コイ」




「散布、故意」






―――はっ!?




「散布、故意」

これ以上の詮索は桐間の身に危険が及ぶ可能性があるため、
誠に勝手ではありますがここまでとさせていただきます。



ではでは。

| | コメント (21)

Wizardry Online~ウィザードリィオンライン①

―――「Wizardry Online」

01

もう1年半も前に発表されたきりのニュースですが、桐間の楽しみの一つです。
あのウィザードリィがオンライン化されて果たしてどんなゲームになるのか!?
今さらですが原作の特徴を元に勝手に想像してみた。


―――正体の判らないモンスター。

Wizardryでは探索するダンジョンで数々のモンスターが登場するが、
遭遇したモンスターの詳細、その正体が判らない場合がよくある。

例:「プリースト」という敵が「ローブをきたおとこ」とおおまかに表現される。

02

事前に識別できる魔法をかけておくか、戦ってるうちに正体が表示されるのだが、
そんなシステムもどう採用されるのか、されないのかが楽しみです。


―――キャラクターメイキング。

原作では各キャラクターを作成する時、最初にステータスを振り分ける。
この際、ランダムに通常6~9くらいのボーナスポイントが割り当てられるのだが、
それがまれに2桁のボーナスポイントが与えられることがある。

03

かなりの低確率でなんと50~のポイントも出ることがあるとか。
そのため、大抵キャラクターを作るときは良ボーナスが出るまで
作ってはキャンセル(削除だったかな)を繰り返すのがセオリーだったりする。

そこでオンラインでもそのシステムをまさかの採用!!(予想)

原作と同じように良ボーナスが出るまで作成→削除を繰り返すのだが、
オンラインゲームって大抵、アカウントハックなどの事故の対策のためか
キャラクター削除に24時間とか時間を要したりする。

この時点で本気でこのオンラインゲームを始める人には、
キャラクターの作成に数日の時間をかける覚悟が必要。


―――クリティカルヒット。

このゲームには一部のキャラの通常攻撃に「クリティカルヒット」というものがある。
それは通常のRPGにありがちな、いわゆる「会心の一撃」的な、
相手に大きなダメージを与えるようなものではなく、
「○○は5のダメージをうけた。 ○○はくびをはねられた!
といった感じで被ダメージ値、HPに関係なく問答無用に一定確率で
文字通り必殺の一撃で相手を殺してしまう攻撃である。

使用する代表的なのがニンジャ系の敵全般、

04

一応、プレイヤーキャラの上級ジョブにも「ニンジャ」があり
通常攻撃にクリティカルヒットを持ち合わせている。

それ以外のモンスターにも、特に終盤の敵の中にはいくつか存在する。
中には相手の首をはねてくる見た目かわいらしいウサギもいる。

05

オンラインゲームで即死スキルは決してめずらしいものでもないので、
この一撃クリティカルヒットも再現されるのでは。

最近のMMOは結構リアルな3D表現が多いのでね、「くびをはねられた!」って
「それ、なんというR指定!?」なんて事になりかねませんが。


―――長くなったので多分続きます。

続き


ではでは。

| | コメント (1140)

「X JAPAN」再始動に潜む危険

―――「X JAPAN」再始動というニュース。

01_2 

ベーシストのHEATHの契約トラブルによる脱退騒動や新メンバー、
「LUNA SEA」のギタリストSUGIZO加入などで色々と世間を賑わしておりました。

桐間は「X JAPAN」は人並みに好き、シングル曲しか知らない程度です。
「X JAPAN」はハードロックバンドですが、特にバラードが好みですね。

「Say Anything」、「Crucify My Love」―――。

どんだけバラード好きかってもう、聴いててテンション上がりまくって
一人だけ先走りバラード中に「Xジャンプ」してしまうくらい好きですね。



―――Xジャンプとは。

02_2

代表曲「X」のサビの部分で両手を交差させてファンとともに飛び跳ねるもので、
数万人規模でジャンプするので地震のような振動があるとか。




―――新しい「Xジャンプ」を考えてみた。

03_2

「シングル・スタイル」
難易度 ★★☆☆☆

従来の腕だけではなく、体全体で「X」を表現するもの。





04_2

「ダブル・スタイル」
難易度 ★★★★☆

二人で「X」を表現。
コンビネーションが重要となってくるので一気に難易度があがる。







05_2

「クアッド・スタイル」
難易度 ★★★★★

「ダブル」の発展系スキル。
相当のコンビネーションと覚悟が必要とされる高難易度技。







06

「アルティメット」
難易度 測定不能

会場のテンションが限界を突破したその時、
「なんだか今ならいける」という一体感から繰り出される奇跡。
多数の負傷者が発生し、その日の公演が中止になる破壊力。








07

「エっクス」
難易度なんて、もうどうでもいい





なんだかちょっと昔のCMみたい。





08

これから多種多様な「Xジャンプ」が見られるようになるかもしれない、
そんな新生「X JAPAN」に超期待です☆




ではでは。

| | コメント (1149)

IMAGINE―髪ブラ、それ即ち神ブラ

―――さっそくですが、毎度ヤクシ姉さん。

01a

どーん。

威風堂々。

「裸で悪いことは何もないんだよ」
とでも言いたげな悠然なる佇まい。
というか一見、裸に見えても、

02_3

ご覧の通り、いわゆる「髪ブラ」です。
これからの季節、流行ると良いです


突然ですがここでオプションウィンドウを開きます。


03_3

「アニメーションクオリティ」の設定項目があります。

04_3

これですね。

05_3

これをグイっと最低値まで下げます。


そうすると何が起こるのか。

何が起こってしまうのか、怒ってしまうのか。



ヤクシ姉さんフリークの方ならご存知でしょう。














06a

おっと。




詳細は自分の目で確かめてくれ。




「ヤクシ姉さん仲魔に出来ないお」、「仲魔にするのめんどくさいお」
って人もなんとかね、そこらへんで連れてる人でも見つけて、
こっそり近づいて確認してみてくださいね☆





ではでは。

| | コメント (17)

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »