« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »

2009年8月

久々の自作曲、なんだかとってもac○ess

世界陸上で圧倒的な実力で優勝した女性ランナーに男性疑惑が浮上している今日、
逆に「ウサイン・ボルトが実は女性」説を吹いて回っている桐間です。



―――久々に曲を作ってみた。
 


今までヤホーのブリーフケースとかにアップして公開してましたが

ストリーミング再生で公開できるところがいいな~と思い、そんなサイトを
探してみたら以前から登録しているサイトのひとつにありました。

歌モノでメロディも当然あるんですけど、メロディは打ち込んでないので
なんちゃってカラオケバージョンです。

こちらです。

※ヘッドホン推奨ですよ




ではでは。

| | コメント (1257)

LUNAR -HARMONY of SILVER STAR-

そろそろ「イース7」の予約をしようかとあちこちネット上を彷徨っていて驚いた。
メガCD、セガサターンの名作RPG「LUNAR シルバースターストーリー」
PSPにてリメイクされるとか。

LUNAR -HARMONY of SILVER STAR-
ルナ ~ハーモニー オブ シルバースター~

「LUNAR」は最近ではあまり見られなくなった、いわゆる王道RPG。
1作目のメガCD版では当時スーファミが主流だった時代において、今でこそ
珍しくないものの主題歌ありのオープニングアニメーションに度肝を抜かれました。
また、ゲーム内においてもイベントに挿入されるアニメムービー。
豪華な声優陣と、そのストーリーにハマりまくりました。
なんとなく、昔のジブリを彷彿させるような、そんな作品です。

PSPをお持ちで良作をお探しの方、いかがでしょう。



セガサターン版のオープニング。

余談ですが今回のPSP版、歌は全て新録されているようですが、この曲、
歌のキーが下がってました。
この年月で高い声が出なくなっちゃったのかしら、桐間はSS版が好きです。



メガCD版のオープニング。
上述のように当時はとてもたまげましたが、さすがに時代を感じますね。


LUNAR2のメインテーマ。なんとなくラ○ュタ。



~おまけ

ネット上でFLASHアニメ全盛期の頃、有名だった作品。


この歌、「LUNAR」劇中の「風のノクターン」という曲で、その北米版の
外人さんが歌っている歌をキーアップさせたものだったりします。



ではでは。

| | コメント (358)

ピンポンダッシュの罠

―――先日深夜、近所の商店街で驚いた。

01_2


なんかいろいろと間違っているのでは。
「卓球BAR」ってなんかいまいち想像つかないですけど
おそらく卓球も楽しめる酒場ということだろうか。

ビリヤードやダーツができる「プールBAR」、「ダーツBAR」なんてのは
一般的によくあることだし。

「お!?ここ卓球できるじゃん」
と卓球好きな人がやる気満々で入店してみたら
その実、中身は卓球関係ないオシャレなBARだったりして

02_3

カナリ恥ずかしい思いをしてしまう危険もあるかもしれない。

しかしなにより問題なのはその「ピンポンダッシュ」というネーミング。
これって根本的に卓球に関係ないのでは。
ピンポンダッシュって例のやってはいけないイタズラの事では。

―――はっ!?

もしかするとここは卓球が楽しめるBARではなく―――、
「卓球」という名前のマスターが経営している、
「ピンポンダッシュが楽しめるBAR」なのでは!?

「卓球」という人名はありえないようで実際には
石野卓球さんという
ミュージシャンもいるくらいですし。
むしろなんだか石野卓球さん本人がいるとしか思えなくなってきました。


ではでは。

| | コメント (686)

崖の上のポニョ、全米公開の罠

―――ニュースを見て驚いた。

01_3 

我らが宮崎アニメ、ポニョがついに全米で公開されたそうです。
あれ?海外では公開まだだったんだ~という驚きと共に、なんとこれがまた
なかなか何故か評判は上々らしい。
文面によると、子供たちが例の主題歌を口ずさんでいるとか。

―――はっ!!?

この状況はもしかすると、もしかするかも知れない!!


この勢いで、ポニョの主題歌が浸透すれば・・・



02_4

この人もアメリカでもネタで受け入れられるかも知れない。

※マイコーりょうさんはインパーソネーター(モノマネよりも本人になりきっている人)として、
アメリカに武者修行したりして向こうでは結構、評価が高いらしいです。
(当然、向こうではネタではなく真面目にマイケルを演じてますが)

こないだ番組でマイコーりょうさんがマイケル・ジャクソンの追悼に
渡米した様子が放映されました。
ブログも読んでたので内容は知ってたんですが、ちょっと感動しちゃいました。

最近、何故かやたらとマイコーりょうさんを推している桐間でした。



ではでは。

| | コメント (16)

IMAGINE?―呪いのビデオの危険

―――ふと、新宿バベルの街頭テレビを見て思った。

01_4

こういうテレビはゲーム内だけでなく、実際の街中でもよく見られるわけだが


02_5


もしここで例の呪いのビデオを再生してみると―――、

03_2

――――――。

04_2

とても危険なわけだ、と。


―――最近はテレビが見られるワンセグ携帯なんてのもめずらしくはない。

05_2


これで例のビデオを再生しても、もっと多くの危険があると思う。

06_2

―――たとえば、




07_2

画面が小さすぎて指しか出てこれない。




あるいは。





08_2

小さい貞子が出てくる。





もしくは。





09

いいところでバッテリーが切れる。






ではでは。

| | コメント (73)

« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »