« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

2010年1月

角部屋でオール電化!!

新居のマンション、なんとリフォームなしで自分らで修繕するという
初耳のサプライズ情報ゲットだぜ。

そして現場の部屋は 廃墟寸前 素敵です。



※クリックで拡大できます
2Photo
Photo_2Photo_3
Photo_4Photo_5

他にも廊下のドアノブが取れかかっていたり、戸棚が閉まらないところが
多数あったり、蛇口をひねると栓の周りから水がジャバジャバ漏れ出したり、
アメージングハウスです。

分譲手続き終わらせて、改めて現場を親父とどうするか相談していて

親父「しかし見れば見るほどきたねぇな」





―――リフォーム依頼することになりました。




君に届け」おもしろいなぁ。



ではでは。

| | コメント (825) | トラックバック (0)

SPIN CITY

―――SPIN CITY(スピン・シティ)
10年ちょっと前に放送されていたアメリカのヒットコメディ。

放送当時、たまたま深夜にテレビを目的も無くチャンネル回しながら眺めていて
この「SPIN CITY」なんとなく観たんです。
そのいかにもアメリカなコメディドラマにすっかりハマってしまい、
もうその当時の1週間に1番の楽しみになりました。


―――ニューヨークの市庁舎を舞台に、

映画「バックトゥザフューチャー」の主演で有名なマイケル・J・フォックスが演じる
主役の市長補佐官、マイク。
なんだか子供っぽい性格でトラブルメーカーのランドール市長。
大柄でケチな食いしん坊のポール。
下ネタばかりのセクハラ男、スチュアート。
切れ者で仕事の信頼も高いがゲイカーター。

といった、ありえないほど超個性的なキャラクター達がいろいろトラブルや
妙におかしな情事などを展開していく。


最近ふと思い出してニコ動あさってみたら、なんとたくさんあるではないですか。


―――個人的にオススメ、お気に入りの回。


1回が短いので是非お試しに観て頂ければと思います。




日本でも結構、人気があるにも関わらずDVD化されてないんですよね。
ネットでもあちこちで「DVD出たら買う」という書き込みをよく見かけます。

たのみこむ「スピンシティ」DVD化
桐間も欲しいです。



ではでは。

| | コメント (371) | トラックバック (0)

左目探偵EYEって

―――新ドラマ「左目探偵EYE」(ひだりめたんてい あい)

Photo_2

最近テレビを観ているとよく宣伝されています。
桐間はテレビドラマはまったくと言っていいほど観ない派というのもありまして
それほど興味はないんで本放送も絶対に観ないと思うんですが。

しかし探偵モノのドラマって多々ありますけど、この「左探偵EYEってタイトル、
響きというか、なんていうかとてもオシャレでカッコいいですよね。

内容とかはまったく知らないんですけど、どうなんでしょうね。
なんか左目が特殊な能力的なものがあって事件を解決したりするんでしょうか。

―――そんなカッコいいタイトルの「左目探偵EYE」。
続編というかスピンオフというか、似たようなタイトルでやってみても
もしやカッコいいのでは、と思い色々と考えてみた。





―――こんな探偵モノのタイトルは嫌だ カッコいい。












「右探偵EAR」(みぎみみたんてい いやー)

Photo_3

どんな些細な情報も決して聞き逃さない!!
生まれ持っての地獄耳を武器に事件を解決へ導くぞ。

―――ヤツの悪口は言っちゃイヤー。どこで聞き耳立てているかわからない。











探偵NOSE」(はなたんてい のーず)

Photo_4

クンクンクン・・・におうぞにおうぞ!?
人並み外れた嗅覚を武器に事件の手がかりを見つけるぞ!!

―――警察犬?そんなの必要ないね、アイツがいるからな。













探偵MOUTH」(くちたんてい まうす)

Photo_5

彼に口説き落とせない人間なんていない。
超一流の巧みな話術を前に、被疑者はボロを出さずにいられない。
ものを噛み砕く力も化け物並みだ!!

―――歌いマウス、食べマウス、喋りマウス!!












股間探偵CHIN」(もっこりたんてい ちん)

Photo_6

中国出身、陳(チン)さん。
自慢の股間のセンサーで、どんな事件のトリックをも暴いてみせる!!
犯人が逮捕されるが先か、CHINが逮捕(公然わいせつ)されるが先か、
究極のサドンデスミステリーサスペンス。

―――下ネタオチとか、もうね・・・







ではでは。

| | コメント (638) | トラックバック (0)

ラジオ番組を発掘してみた

ラジオは世代というか環境というか、昔からリスニングする習慣は無い桐間ですが、
爆笑問題が好きでして、先日ニコ動をあさっていてアップされていたラジオ音源を
たまたま聴いてみたところ、その投稿ネタの秀逸さにすっかりツボってしまい
サイト内の関連動画にハマり中です。



―――爆笑問題「妙に変だなぁ~」集 Part1




独特なテンポと語り口調に定評のある稲川淳二さんの怪談話風に作ったネタ
リスナーが投稿し、それを紹介するコーナー。

元ネタの稲川淳二さんの怪談話は、心霊、怪談モノが昔から好きだったので
テレビやゲームでもよく観た事ありまして、このラジオでは太田さんの
それっぽい読み方もうまく、とても笑えました。

ネタの性質上、どれもオチがカナリ最初の段階でわかってしまうんですが
それでも最後までいろいろとツッコミどころ満載
なのが独特な企画です。

Part2


―――爆笑問題カーボーイ 二人が爆笑した「怖い」話



投稿されたネタが、ネタの内容よりもその文章がとてもひどく、
まるで作文の苦手な小学生の文集のような、それでいてなぜか所々に
頭よさげに難しい言葉を無理に使おうとして、
「幽霊という物体を想像せざるを得ず」、「見えない想像を働きかけて」
などといった変なフレーズがいろいろとおかしくツッコミがやまずなかなか
先に読み進めない、といったものです。



こんな感じのネタ投稿系のラジオで「面白い」、「オススメ!」な番組があったら
教えていただけるとウレシイです。



ではでは。

| | コメント (21) | トラックバック (0)

新アニメ「ソ・ラ・ノ・ヲ・ト」の絵が

今期よりテレビ東京で放映が開始されたテレビオリジナルアニメ「ソ・ラ・ノ・ヲ・ト」
(以下、「ソラノヲト」)

アニメっ子な桐間は深夜アニメはほぼ欠かさずチェックしておりまして、
去年の末あたりからこの「ソラノヲト」のCMが放映され、まず第一に・・・

「うおー、コレ梶浦サウンドきたー!!」

調べてみるとやはり、主題歌が梶浦由記先生のプロデュースユニット、
映画「空の境界」から発足されたkalafinaが担当しているようです。

多くのアニメ、ゲームの主題歌を始め、作中BGMも担当している梶浦先生、
とりあえず個人的に記憶に新しいのは、ストーリーは好みではなかったけど
BGMが神がかっていた「PandoraHearts」

ちなみに「ソラノヲト」はオープニングの主題歌のみの提供ということのようです。


―――まぁここまでは前置きなんですが。

この「ソラノヲト」、絵がもろ「けいおん!」なのである。
※参照 ソラノヲト公式サイト けいおん!公式サイト

「けいおん!」は去年、深夜に放映されていたアニメで、その人気から
下降気味だった若年層のバンドブームに火をつけたとかつけなかったとか、
そんなプチ社会現象を起こしたアニメらしいです。

「らしいです。」とか言っちゃってる桐間も一応、放送は全部観ましたけどね。
個人的にはなんですが、なんていうか~好みの問題でしょうね、
ちょーっと桐間にはこのアニメ「けいおん!」の面白さは理解できないまま
1クール終わってしまった感じです。

それでも音楽未経験の主人公、唯が軽音部にノリというか流れで入部して、
部活動に必要な楽器(エレキギター)を購入するために

部員全員がバイトしてカンパする、
という狂気 友情には声を大にして笑ったものです。

と、話を戻して「ソラノヲト」なんですが上述の通り、キャラのイラストが
「けいおん!」って、まぁ普通に原作かイラストレーターが同じ人なんだろうな
と思っていたら、どうやらそうでもないらしいです。

これって「ONE PIECE」の尾田さんと「RAVE」「FAIRY TALE」の真島さんの関係
みたいなもんでしょうか。

そんななか『「ソラノヲト」の原画はアニメとまったく違う』
という情報を聞いたので調べてみた。

原画 アニメ





どうしてこうなった。


原画からアニメにするまで、まさに2chの「どうしてこうなった」のAA
貼り付けてしまいたくなりそうな、そんな驚きを感じました。

『「けいおん!」がヒットしたから絵をそれっぽくすればまた当たるんじゃね?』的な
そんな制作サイドの意思を勝手に妄想してしまう桐間は悪い子です。

これから録画してある第2話みます、楽しみです。




ではでは。





どうしてこうなった。

| | コメント (197) | トラックバック (0)

身につけたいと思う○○力

―――気付いたら新年早々にブログ更新をサボってて驚いた。

ネタのストックが無く慌ててニュースを読み漁ってみて、そして驚いた。


Photo

「今年こそ身につけたい○○力は?」
というアンケート調査の結果、男性と男女総合で圧倒的に「語学力」
そして女性では「女子力」が1位という結果だったとのこと。

「女子力」というなんだか聞きなれない言葉もさておき、ほかにも「モテ力」、
「転職力」、「就活力」といった初めて聞く「力」が多く掲載されていました。




そこで早速、桐間も身につけたい(とは限らない)「○○力」をいくつか考えてみた。








1.脱力

Photo_2

人間、力を抜くことも必要。



パンダですけどね。









2.馬鹿力

Photo_3

力こそパワー。









3.アメリ力


Photo_4

アメリ力(あめりりょく)。
「アメリみたいな女性になりたい!!」と想う力。
ユナイテッドステイツの事ではない。


「アメリ」観た事ないんで、どんなかは知らないですが。








4.竹内力

Photo_5

なんか強くなれそうな気がする、と思える力。









5.消臭力

Photo_6

身だしなみとともにニオイにも気をつけましょう、という力。










6.ウコンの力

Photo_7

元気と健康をサポートする力。
クルクミン30mg、ビタミンB6、ビタミンEを配合。
ウコンを熟知しているハウスだからこそできる配合。(公式ページより)



まぁ、桐間は経済力があればいいな~なんて普通に思います。





ではでは。

| | コメント (219) | トラックバック (0)

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »