カテゴリー「 アニメ:放送終了分」の記事

【懐かしアニメ】 天空戦記シュラト

―――天空戦記シュラト

Syurato

20年も前に放送されたアニメ。かなり思い出深い作品です。
密教とインド神話をモチーフとした変身ヨロイモノアクション。


―――おおまかなあらすじ

ある日、高校生のシュラトが親友ガイと空手の試合中に不思議な光に巻き込まれ
「天空界」と呼ばれる異世界に飛ばされる。
そこで親友のはずである夜叉王と名乗るガイに襲われ、シュラトはわけも
わからないままなぜか手に持っていた修羅王のシャクティと呼ばれるヨロイ
装着して、ガイを撃退する。

その天空界でシュラトは調和神ヴィシュヌ率いるディーヴァ神軍、八部衆の一人、
修羅王として転生したことを知らされる。

ところが間もなくヴィシュヌの側近、雷帝インドラが謀反を起こし、ヴィシュヌを石化。
その目撃者となってしまった修羅王シュラト、同じく八部衆の一人、天王ヒュウガが
ヴィシュヌ石化の濡れ衣を着せられ追われる身となってしまう。

―――


なんといってもシャクティを装着する時や、必殺技を放つ時、キャラ固有の
マントラの詠唱が特徴的でカッコいいんです。

「オン シュラ ソワカ」
とか
「ナウマク サンマンダ ボダナン アビラウンケン ソワカ!!」
「修羅・・・魔破拳(しゅらまっはけん)!!!」
とかね、いまでもいくつか覚えてますもん。

主人公以外の主要キャラクターには調和神ヴィシュヌ、吉祥天ラクシュ、
破壊神シヴァ、雷帝インドラ
といったインド神話おなじみの方々も登場。

また主題歌がOPもEDも、前期後期ともに素敵でカッコイイです。


声優陣も関俊彦、子安武人、堀内賢雄、山寺宏一、林原めぐみ、島本須美など
今ではベテランだらけの豪華なメンバーです。
神話をモチーフにした世界観、大人になった今でも色褪せない面白さなんですが、
2クールを終えたあたりで制作事情により作画が恐ろしいほど崩壊している事が
有名で、それだけが残念な作品。



ではでは。



追記:必殺技集みつけました。



レイガかっこよすぎる。

シャクティ装着シーン集。
那羅王レンゲの装着シーンは確かOVAのみなんですよ。
主に敵サイドのガイはいいとして同じ八部衆なのにクウヤとダンの扱いがひどすぎる。

| | コメント (618) | トラックバック (0)

ある大晦日、マッチ売りの少女

数年前にNHKで放送された「雪の女王」

―――同名のアンデルセン童話を基にされたアニメ。

北の国に仲良く暮らす少女ゲルダと少年カイ。
ある日、カイは謎の失踪を遂げる。
村の大人たちは現場の状況から近くの湖に落ちてしまったのだと、
懸命に捜索するも見つからない。

カイの姿を発見することはできないまま、ついに葬式を行う。
ゲルダはカイの生存を信じ、1人、カイを探す旅にでる。


といった内容のストーリー。
いわゆる子供向けの作品であるのですが、とても素晴らしい作品です。
全36話の構成ですが、中に数回ヤバい回がありました。

特に第19話「マッチ売りの少女」。

大晦日、ゲルダが旅の途中で出会ったマッチ売りの少女のお話。
これも同サブタイトルの童話をアレンジしたものになっております。

アニメの1話、たった24分という短い時間で終盤には涙がボロボロ止まりません。
たった7歳の女の子が丸二日お茶だけ飲んで何も食べてないとか、
それをニコニコ無邪気な笑顔でゲルダに話すとか、もう・・・ダメです。




続き→ 19-2 19-3

最初の超絶に怪しい吟遊詩人の会話の内容は気にしないでください。
マッチ売りの子が出てくるところからが件のお話です。




ではでは。

| | コメント (135) | トラックバック (0)

ロミオの青い空

―――ロミオの青い空

リザ・テツナー著、小説「黒い兄弟」が原作のアニメ。
昔、日曜の夜に放送されていた「世界名作劇場」の1シリーズです。

1995年~放映されていたアニメで、当時中学生くらいでしたか。
映画とかテレビ観て泣くとかいうヤツの気持ちがわからない、そんな
反抗期あたりの桐間でしたが、生まれて初めてこっそり泣いたアニメでした。

バトルもの中心の漫画、アニメが大半を占める昨今、こういう作品って
ほとんど観なくなりましたね。
(バトルものも、それはそれで好きな作品はいくつかあるんですが)
ジブリだっていい、もっとこういう作品が多く地上波で放送されるといいなぁ。


―――そうそう!!

これ笠原弘子さんが歌う切ないオープニングがとても素敵なんです。
上の長ったらしい文章は読まず飛ばしても、これはぜひみていただきたいと。
オープニングにロミオの全てが詰まっているといって過言ではないと。
(過言です)



CD持ってますからね。
もうこんなのカラオケで歌う人がいたら惚れますね☆
幸か不幸か周りにはいないので、自分で歌いまくってました。

エンディングはガラッと雰囲気が変わって明るいような曲で、よく聴くと
ちょっぴり切ない感じ、これもまたいいんです。
もし興味がある方は探してみてください。


では。

| | コメント (164)