カテゴリー「PC関連」の記事

ショートカットが似合う人に

パソコン長くやってる人でも意外に知らない人がいるので。
知ってる人はごめんなさい。

―――よく使うショートカットキー


●コピー、ペースト、ついでにカット


コピペの通称で使用頻度が高いコマンド。
選択した文字やファイルなどを右クリックのコンテキストメニューやメニューバーの
編集タブから使ってる人もいるかと思います。



・コピー:「Ctrl」 + 「C」

Copy

コピー(Copy)の「C」で覚えればよいかと。



・ペースト:「Ctrl」 + 「V」

Nori

コピーしたものを好きな場所に貼り付けます。
「V」は「C」(コピー)の右となり、と覚えるか、あるいは―――、
文具の貼り付けのりの先っぽがV字のものがありますよね、あれを関連付けて
覚えようとするとみせかけて、やっぱり「Cの右となり」で覚えた方がいいです。



・カット:「Ctrl」 + 「X」

コピー&ペーストだけで事足りますが、ファイルの移動などには元を残さない
カット&ペーストをよく使いますね。

Hasami

「X」ははさみの形を連想して覚えられますが、結局「コピーの左となり」で
覚えるのが楽かと。




●他、「Ctrl」キーのを使用するショートカット



・全て選択:「Ctrl」 + 「A」


アクティブウィンドウのテキストやファイルなどを全て選択状態にできます。
広範囲の削除やコピー、字体変更などの編集によく使います。
「All(全部)」の「A」で覚えやすいですね。


Zenbuda




・上書き保存:「Ctrl」 + 「S」

ワードやエクセルなどの文書作成や、ペイント、フォトショなどをはじめとする多くの
アプリケーションで上書き保存のコマンドに登録されています。
予期せぬエラーで作成中のファイルをおじゃんにしてしまわないように、
こまめなセーブは基本なので非常に重宝します。
「Save(保存)」の「S」で覚えやすいです。



・新規作成:「Ctrl」 + 「N」

これも多くのアプリケーションで、新しいエントリーの作成などに登録されてます。
ちなみにインターネットブラウザのInternet Explorerで使うと、履歴を含めた
同じページのウィンドウを複製
できます。何気によく使います。
「New(新しい)」の「N」ですね。

できれば人生も「Ctrl」 + 「N」
したいですね。
できれば人生も「Ctrl」 + 「N」
したいですね。


・やり直し:「Ctrl」 + 「Z」

「元に戻す」、「1つ前に戻る」ともいいます。
作業中に「なんか間違えた~」て時に、元に戻せます。超便利。
覚え方は―――、コピペ群のとなり?
左手Ctrlに一番近いキーなんでカナリ使いやすいです。

できれば人生も「Ctrl」 + 「Z」したいですね。
できれば人生も「Ctrl」 + 「Z」したいですね。




・検索:「Ctrl」 + 「F」

Kensaku

主にインターネットブラウザでページ内のテキスト絞り込みですね。
調べ物をしていてサーチエンジンから飛び込んだ先のページがあまりに広大で
そこを隅から隅まで探すのも大変な時に便利ですね。

覚え方、そうですね、「検索はF」でいいんじゃないですかね。




●Ctrl以外の便利なコマンド

・タブ:Tab


数あるイマイチ使い方のわからないキーの1つですね。左の方にあります。
実は便利です。状況によっていろいろと効果があるんですが、わかりやすいのは
テキストの入力ボックスから隣のボックスにジャンプできることでしょうか。



Textbox


よくあるこんな登録画面とかで1項目入力して~マウスで次の枠クリックして~
という手間が省けます。
あとネトゲのログイン画面でもID→パスワードの入力も同様ですね。
ちなみに「Shift」を一緒に押すと逆方向にジャンプできます。



・アクティブ切り替え:「Alt」 + 「Tab」

「アプリケーションの切り替え」ともいいます。
個人的には一番使用頻度が高いコマンドかも。
タスクを多く開き過ぎてる時とか、なんか固まっちゃってる時とか、
ネトゲの裏でネット見たい時とかとにかく超便利。

ちなみにフルスクリーンで起動しているゲームの中には、このコマンドを使うと
解像度エラーを吐くものもあるので注意。




・進む、戻る:「Alt」 + 「→、←」

主にインターネットブラウザで、「←」で来たページを戻り、「→」で進みます。
メインではマウスに割り当ててるので全く使いませんが、

Em

マウスが不便なノートパソコンなどではこのコマンドは大活躍します。

ちなみに「BackSpace」キーで戻ることもできますが、ページ内でテキスト入力状態に
なってたりすると確実に機能しないことがあります。




・アプリケーションの終了:「Alt」 + 「F4」

アクティブのアプリ、ウィンドウを閉じることができます。便利。
デスクトップで使うとWindows終了メニュー(シャットダウン)を開けます。


・タスクマネージャ:「Ctrl」 + 「Alt」 + 「Delete」

マシンのフリーズなどで強制リセットする前に試してみましょう。



他にもたくさんありますが、以上が桐間の使用頻度が高いショートカットキーです。
自分がよく使うコマンドのショートカットが無いか探してみるといいと思います。



ではでは。

| | コメント (97) | トラックバック (0)

HDD RAID 1

桐間のPCはデータ保存用に150GBと250GBのハードディスクを乗っけてるんですが
動画やら音楽やらでいっぱいいっぱいになってきました。

「そのうちDVDにバックアップを」なんてDVD-Rはたくさん買ってあったんですが
もう1枚4.7GBでどうにかできる量じゃないという事に気付いたのでありました。

ブルーレイの導入も考えたんですが、バックアップ専用に大容量のHDDを
安いというのもあり外付けで購入することに。

毎度思うんですけど、HDDに限らずPCパーツは安くなってますね。
GB単価が6円を下回ってるとか。
一昔前は「10GBなんて使いきれないだろ」なんて思ってましたが
いまやTB(テラバイト=1,000GB)の時代になってるようです。

1TB1台もあれば当分容量使いきれなさそうだし、万一足りなくなる頃には
この分だと10TB、100TBが出回ってるだろうと思うので都度、乗り換えていく
といった感じで回していければいいかなーって。

HDDをバックアップに使う懸念として、障害が発生した時の損害が大きいこと。

容量が多ければ多いほどリスクも大きくなります。

そこで今回はそのリスクを軽減するために「ミラーリング」と呼ばれるRAID 1
HDDを構成してみようかと。


Photo

RAID対応のハードディスクケース「corega CG-HDC2EU3100」。6,380円
HITACHI製のHDD、1TBを2台。6,949円×2個
おまけにサブPCのキーボードが壊れていたのでキーボード。2,980円

RAIDとは2台以上のHDDを仮想的に1台のドライブとして使うシステムです。
用途に応じてRAID 0~RAID 6の7種類のレベルに分けられていて、

今回使うRAID 1とは1台目のHDDの複製を自動的に作ってくれるシステムですね。

Hdd

メリットは1台のHDDが壊れても残りの1台からデータの読み書きが可能なので
2台同時に壊れる事がない限りデータは無事、耐障害性が高いことです。

デメリットは2台で1台分の容量しか使えない。
今回の例で言えば1TBを2台で、普通に使えば合計2TBなのが
実質、使えるのは1TBになるというコスト高になることです。

Hdd_2

いい感じです。

おまけのキーボードなんですがこちら
「SCKB10-LED-BK」2,980円

価格と規格とデザインなどから選ぶのに1番時間がかかっていたり。
カスタマイズ可能なホットキー搭載の「OWL-KB119GM」と長時間悩みました。

Kbd01

ブルーに光るキーが素敵です。

―――明かりを消すと


Kbd02


さらに素敵です☆

Kbd03




ではでは。

| | コメント (14) | トラックバック (0)

高級PCケースに潜む罠

最近、スクリューレスのPCケースが欲しいと思っている。

スクリューレスというのは「ネジがいらない」という意味で、
その名の通りパソコンのパーツ組み立てや増設などにネジ、ドライバーを
いっさい使わずに作業ができてしまうという、まさに夢のようなケースである。
(その分、若干高値なのであるが)

いつもどおりネットで探してみると最近は結構リーズナブルになってきたみたいだ。
そんななか、ある1つのケースに注目してみた。

01_3


02_4

03_4


ぜひとも欲しいとまで思ったのだが、
その購入意欲をくつがえす予期せぬ事実が潜んでいた。




04_3






Weight(重さ)が107kgなのだ。

05_2


…そう、
実際に手にとって見ることができないネット通販では、事前に商品ページから
スペックなどの得られる情報は隅から隅まで調べておく必要があるのだ。
購入を決意する前に気付いて本当によかったと思う。

「107kgって重いの?どうなの?」
と、疑問に思っている方々にわかりやすく説明するならば、
普通のPCケースならスチール製でも、どんなに重いものでも
大体10kg前後なのである。
ここでその常識を覆す、まさかの107kg。
成人男性なら2人分に匹敵する。
ちなみに曙なら1人で事足りる。
                ※曙は200kg
そんな曙マシンを作るわけにはいかない。
そもそも107kgもあったら持ち上げることすらできない。
そんなパソコンはボクはいやだ。

というわけで、みなさんも通販を御利用の際は
その商品ページから得られる情報を隅々まで確認し、
不明な点は事前に確認してくださいね☆
(意外に正論)

| | コメント (727)

PC引越し作戦

先日、安く仕入れた21インチのモニター(¥6,000)導入の為、
PCを引っ越しましたよ☆

Image9611296

液晶ディスプレイが普及している中、あえてブラウン管。

理由はデカイし重いし安いから。

液晶で同型にしようものなら、新品で安くても5、6万円以上だ。
(大型電気店なら10万円くらい?)

手軽に大型モニタを導入したい方はぜひブラウン管ですよ☆
(デカくて重くて安い!)

| | コメント (16)